知っておきたい!結婚式のさまざまな挙式スタイル

「キリスト教式」の特徴について

結婚式には、宗教によってさまざまな種類がありますが、まず挙げられるのが「キリスト教式」であり、現在の日本で最もポピュラーなスタイルとして知られています。ホテルや専門式場などに設置されたチャペルで行われることが多く、ウェディングドレスを着ることができるという魅力があります。そして、親族だけでなく、さまざまな人(友人等)が参加しやすいということも特徴だと言えるでしょう。また、信者でない人が本物の教会で行う場合は、勉強会等に参加するなどして教会から許可を得る必要があります。

「神前式」と「仏前式」の特徴について

「神前式」は、神式で行われる挙式スタイルであり、神社だけでなく、ホテルや専門式場でも行われています。キリスト教式と違って親族だけが参加できるというのが特徴であり、伝統的な白無垢の衣装を着ることができるという魅力があります。そして「仏前式」は、来世でも結ばれるという仏教の教えに基づいたスタイルであり、新郎・新婦どちらかの菩提寺で行われるほか、自宅で行われる場合もあります。また両家の結びつきが強く感じられるということも特徴だと言えるでしょう

「人前式」の特徴について

「人前式」は、立会人によって結婚を承認してもらうというスタイルですが、宗教の形式を採用しないスタイルのことをそう呼ぶ場合もあります。人前式は、形式にとらわれる必要がなく自由度が高いということが一番の特徴になるため、個性的な式を望む方や、宗教に抵抗がある方などに向いていると言えるでしょう。また、式を行う場所についても、屋内だけでなく、屋外や船上など、自分たちの好きな場所や思い出の場所などで行うことができます。

結婚式場を東京で探すには、結婚式場の情報を取り扱った雑誌などで情報を得るとどこにどんな式場があるのか調べられます。